さあ、ここからが本番です。
 以前は、mod_perlに必要なライブラリが入っていなかったのでRedmine.pmが使えず、やむを得ずLDAP認証でRedmineとSubversionの認証を同期していました。
 BitnamiRedmineのバージョンが上がって、その問題も解消されていたようでLDAPがいらなくなってほっとしております。
 設定に不満がなければ、コピペで済むようにしております。

実行中のRedmineの停止

  • インストール ディレクトリをシンボリックリンクにする
     BitnamiRedmineのバージョン アップ時に設定値を変えずにすみます。
    redminever=2.4.1-1
    sudo rm /opt/redmine
    sudo ln -s /opt/redmine-${redminever} /opt/redmine
  • Redmineを停止します
    sudo /opt/redmine/ctlscript.sh stop

Redmineの自動起動設定など

  • Subversion起動の抑止
     Subversionへのアクセスは全てApache経由にして、svn::でアクセスできないようにします。
    sudo chmod -x /opt/redmine/subversion/scripts/ctl.sh
  • 自動起動スクリプトの作成
    cat << EEOOFF | sudo tee  /etc/init.d/bitnami-redmine
    #!/bin/sh
    ### BEGIN INIT INFO
    # Provides:       bitnami-redmine
    # Required-Start: $network $remote_fs
    # Required-Stop:  $network $remote_fs
    # Default-Start:  2 3 4 5
    # Default-Stop:   0 1 6
    # Short-Description: BitNami Redmine Stack service
    # Description: BitNami Redmine Stack service
    ### END INIT INFO
    EEOOFF
    
    cat /opt/redmine/ctlscript.sh | sudo tee -a /etc/init.d/bitnami-redmine
    
    sudo chmod +x /etc/init.d/bitnami-redmine
  • 自動起動の登録
    sudo update-rc.d bitnami-redmine defaults





トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-02-15 (土) 13:04:45