RedmineにPlaginを入れてみます

RedmineのWikiに数式を入れる

数式といえばLatexなので、Latexを表示するPlaginを入れます。

Wiki GChart Formula Plugin http://www.redmine.org/plugins/wiki_gchart_formula
これは、簡単に動いたのですが、毎回Googleにアクセスするというのが気に入らないです。(ただし、動作は軽いです)
長い数式には対応できないというのもあり、ボツとしました。

Redmine Wiki Latex-macro plugin https://github.com/nisrael/redmine-wiki_latex_plugin/
今回はこれを使うことにしました。
ただし、Redmine1.0用のものなのでうまく動かなかったのですが、Redmine2.0向けに移植なされた方がおられましたので、それを使わせていただきます。
http://www.redmine.org/boards/3/topics/4987?page=2

https://github.com/baracoder/wiki_latex

このPlaginはtexliveとdvipngが必要です。

インストール手順

# texliveのインストール
sudo apt-get install texlive
# dvipngのインストール
sudo apt-get install dvipng
# wiki_latexのダウンロード
wget https://github.com/baracoder/wiki_latex/archive/master.zip
# 解凍
unzip master.zip
sudo mv wiki_latex-master /opt/redmine/apps/redmine/htdocs/plugins/wiki_latex
rm master.zip
# 修正
patchfile=`mktemp`

cat << EEOOFF > ${patchfile}
36c36
<     temp_latex.puts('\\documentclass[10pt]{article}')
---
>     temp_latex.puts('\\documentclass[24pt]{article}')
37a38
>     temp_latex.puts('\\pagestyle{empty}')
42c43
<     temp_latex.puts('\\usepackage[active,displaymath,textmath,graphics]{preview}')
---
>     temp_latex.puts('%\\usepackage[active,displaymath,textmath,graphics]{preview}')
44c45
<     temp_latex.puts @latex.source.gsub('\\\\\\\\','\\\\')
---
>     temp_latex.puts @latex.source.gsub('\\\\\\\\','\\\\').gsub(/^\\["/,'').gsub(/"\\]$/,'')
50c51
<     fork_exec(dir, "/usr/bin/dvipng "+@name+".dvi -o "+@name+".png")
---
>     fork_exec(dir, "/usr/bin/dvipng -q -D 120 -T tight -M -pp 1 "+@name+".dvi -o "+@name+".png")
EEOOFF

sudo patch /opt/redmine/apps/redmine/htdocs/plugins/wiki_latex/app/controllers/wiki_latex_controller.rb ${patchfile}

rm ${patchfile}
# マイグレーション
sudo /opt/redmine/use_redmine
cd /opt/redmine/apps/redmine/htdocs
bundle install --without development test postgresql sqlite
bin/rake redmine:plugins:migrate RAILS_ENV=production
# 再起動
sudo service bitnami-redmine restart

こちらのページを参考にさせていただきました。
http://d.hatena.ne.jp/fusion2010/20110718/1310966757
Redmine1.0向けの説明でしたので、Redmine2.0へ対応させるため若干変更しています。

 {{latex($ A = \left( \begin{array}{cccc} a_{11} & a_{12} & \ldots & a_{1n} \\ a_{21} & a_{22} & \ldots & a_{2n} \\ \vdots & \vdots & \ddots & \vdots \\ a_{m1} & a_{m2} & \ldots & a_{mn} \end{array} \right)$)}}

表示の例





トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-01-31 (金) 13:20:26